かつらの修理その技術に迫る(2):かつらナビ探偵局
かつらNavi
かつらのことならかつらNavi!誰にも聞けないかつらの情報満載!
かつら入門講座 かつらQ&A 正しいかつらの選び方 かつらの修理
かつらのヘアセットワンポイントアドバイス
かつらNaviとは かつらの購入方法 かつらの取扱企業一覧
かつらNaviトップページへ



修理に関する話が一通り終わったところで、実際に職人が作業をしている工場を見学させてもらうことになった。まずは、ベースを作る作業場。工場というより、工房といったほうがふさわしいような部屋に流れているのは、演歌。机の上には使い込んだミシンが並び、その前に座っているのはいかにもベテランといった雰囲気の職人たち。思わず、昭和にタイムスリップしたような気になった。
「ここでは、ベースの制作や修理を行なっています。職人はミシンを使う達人と言えるような人が多いですね」
ベースを作るところ。使用者それぞれの頭に合わせた設計図をもとに作られた木型が、ずらりと並ぶ。この型に合わせてベースができる。



次に案内してもらったのが、毛を植える場所。毛を足す修理はここで行なっている。1本1本ていねいに植えていく気が遠くなる作業だ。そして、毛を作る場所、最後にヘアスタイルを整える場所へ。作業は完全に分担され、それぞれのプロフェッショナルの作業が一体となって、1つのかつらが出来上がる。
「1つとして売っているものはないですから、すべてが手作業です。一度装着するとお客さま一人ひとりに合わせて作る手作業の良さを、実感していただけると思います」
今回、1カ所だけ見せてもらえない場所があった。
「人工皮膚は当社の特許なんです。その研究室だけは申し訳ないけど、お見せできない。これは生え際や分け目部分に使用するもので、本物の皮膚のように見えます。ネット部分よりもデリケートですが、人工皮膚で作る分目や先端、その他の部分だけ付け替えることもできます」

ベースに毛を植えていく職人。かなりの集中力が必要なのだろう。見学中も一心不乱に作業をしていた。 浴槽のような容器に、毛を入れて染色する。ここには、珍しく機械の姿もあった。かつら専用の機械は存在しないので、既存のものをかつら用にアレンジして使用している。 理美容師がお客の希望に合わせて、毛をカット、セットしてヘアスタイルを整える。女性のお客も多いという。

ここは、当日修理を請け負っていることに代表されるように、お客のことをていねいに考えている姿勢がうかがえる。それを思うと、建物が古く、道具がかなり使い込まれているように見えるのに、今なお現役で使用できているのは、モノや人を大事に扱ってきたことの象徴であるような気がした。
会社名
本社住所
URL
電話番号
株式会社東京義髪整形
東京都台東区根岸3-13-8
http://www.aplan-tgs.com/
0120-882-114


| かつらナビTOP | かつら入門講座 | かつらQ&A | 正しいかつらの選び方 | かつらの修理 |
| かつらのヘアセット | かつらの購入方法 | かつら取扱会社一覧 | かつらナビとは | かつらナビ:サイトマップ |

| 医療用かつら | 医療用かつらQ&A | 日常生活に関するQ&A | お手入れに関するQ&A |
| 購入に関するQ&A | かつらに関する素朴な疑問Q&A | 利用者が回答するQ&A |


かつらNavi www.katsuranavi.com
企画・制作・運営:インターネットコンサルティング・ペンシル